スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクトレンズとメガネ

コンタクトレンズ、子供達はコンタクトレンズいれるのを見ていると

デカイゴミを入れているみたいで怖い気がする。

あんなことして大丈夫なのが不思議だ。開発した人の苦労がテレビでやっていたけど痛かったでしょうね。それで今は多くの人が助かっているから凄い発明ですね。

自分は絶対にコンタクトレンズは出来ない人だからメガネを頼りです。いい眼鏡屋さんを探そう。

コメント

 
FC2ブログに表示された足跡からお邪魔いたしました。ご訪問有難うございます。

私も眼鏡の愛用者で、コンタクトレンズは目に合いません。周囲はハードレンズだった頃から装着しても「平気」と言う人たちばかりで、驚かされたものでした。ソフトレンズが発売されて以後に何度か必要もあってトライいたしましたが、いかにこまめに手入れをしても異物感が残り、慣れてからも目の充血が残りまして、とうとうやめました。
一個3万5千円で二個で7、8万円だったか、なくして二回購入する羽目になってその値段だったか記憶が定かではありませんけれど、当時の価格を考えますと、使い捨てコンタクトレンズまで登場した今、感慨深いものがございます。

当時も今も、実はコンタクトレンズ装着者にはそれで角膜を傷つけて眼科通院している方たちがたくさんいらっしゃいますから、
取り扱いの問題ではなく、目の状態で合う合わないというものが、やはりあるように思われてなりません。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

バドミントン スッポン美容健康食品
Copyright © 眼鏡(めがね)探しの旅 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。